アルコールと一緒に服用してはいけない

カマグラゴールド100

適度な量のアルコールであれば問題ない。と言う専門医の意見もありますが、アルコールの取りすぎは、肝臓で充分成分が代謝分解されなくなってしまうので、バイアグラの効果が発揮できないだけでなく、本来なら起きなくていいはずの発作までもが起きてしまう可能性もあります。

 

アルコールによって、バイアグラの効果の度合いが弱くなり、副作用の度合いが強くなるので、いいところがありません。

 

そうでなくとも、適度のアルコールで脳の性欲中枢がマヒしてしまったら、場合蔵を飲む意味がなくなります。セックスの前に緊張をほぐす程度のアルコールの量を超えないようにしてください。

 

しかし、お気に入りの女性とベッドインをするときにアルコールが欠かせないという人もいることでしょう。そういうときには、なるべく自分は飲まずに素面のままで、女性にだけたっぷりとお酒を飲ませてあげましょう。

 

アルコールの性で、せっかくベッドインできたとしても、肝心の勃起がうまくいかなくては、ベッドインしたことがかえって悲惨な結果になってしまうかもしれません。

 

バイアグラとアルコールは禁忌だと考えてもいいのかもしれませんね。