男性が安易に飛びつくバイアグラ

3.jpg

バイアグラをほめたたえ、誇大に宣伝しようと急ぐあまり、バイアグラ物語の裏側に気がつかない。女性にもバイアグラについて言いたいことが多々あり、その声は耳を傾ける価値が十分にあります。

 

 

男性の声と同じように、女性たちは複雑な性の同一性、欲望、恐怖を明らかにしています。男女双方にとっての性行為と性欲のこうした面倒な側面を、科学者やジャーナリスト、マーケターは常に覆い隠して、単純化している。

 

女性たちが望んでいるのは、バイアグラへの文化的北に疑問を投げかけ、男としての資質や男性の性欲を一緒に考えることは間違いではないかと思っているのです。

 

 

性のスペクトルの反対に高齢女性がいると思われているが、その女性の性生活はバイアグラについての話し合いで男性と本当にそんなに違っているのでしょうか?

 

彼女たちが指摘するように、私たち全員は同じ文化に住み、同様の価値観を持ち、性の規範や期待を積極的に強化あるいは否認している。

 

 

こうした女性たちは、各人が文化の産物であるのとまったく同じように、私たち全員がこのバイアグラ時代にあって、捜索する矛盾した考え方や感情を持っていることを思い出させてくれます。

 

女性は、私たちの時代の社会の現実、医療化、商業の拡大などにおそらく男性以上にとらわれているのではないでしょうか?

 

薬を飲もうが飲むまいが、性欲について口に試用がしまいが、私たちの誰もが性の行為者であり、自分自身の生活の中で性欲を積極的に定義している。

 

 

以上のような理由から、バイアグラ現象に対する女性の藩王は重視してしかるべきだと考えるのです。バイアグラ類似製品の処方、販売、開設する人にも、バイアグラのような製品を使うような人にも、倍グラについて報道する人にも、結局と所、男性消費者、医師、マーケターにとって、バイアグラの成功は、自分の妻や、パートナーがこの薬にどう反応するかと深く関係しているのです。同様に、バイアグラに関する女性の懸念を和らげます。

 

 

あるいは少なくとも認めることが、結婚生活など、何事につけ飛躍的発展につながるのです。興味深いことに、バイアグラのデビューから最近の強豪製薬企業が、製薬の成功にとって不可欠な要素として妻やパートナーの役割を真剣にとらえるようになってきているのです。

 

 

しかし、これも、バイアグラや類似品が期待したほど成功していないことが最近の調査で明らかになったのです。