バイアグラとプロザック

2.png

バイアグラが医薬品として成功する以前には、世界を虜にしたかに見えた医薬品プロザックがありました。両製品とも、大ヒットした新薬でした。

 

バイアグラはPDE5阻害薬。プロザックは数あるSSRIと、両製品とも効果のある分野では初めてのものでした。

 

当時としては、科学における判断基準を決めて、その良く知られた文化的持久力にあやかり、これに対抗しようとするバイアグラ模索薬を数多く生み出しました。

 

また両製品とも、性生活の向上・生活の質の向上が目的である。一般に、どちらも生命にかかわる状態のための薬ではありません。不快感や、苦痛の軽減を目的としています。最も重要なのは、両製品がアメリカの社会理念と不安定さをと呈していることが軽視されている点です。

 

バイアグラのプロザックも、アレルギー薬にはできない方法で、よりよい効果を築く手段である。薄毛やアレルギー向けに大ヒット製品と違い、両製品はそれぞれが約束する世界像も原因となって、様々な釈迦集団の不安を誘発しました。

 

例えば抗ヒスタミン薬のクラリチンは、アレルギー疾患を治療しても社会規範や通年を破る危険性はない。勃起やウツと違い、アレルギーはすべての人が等しく改善したいと考えるからです。

 

プロザックは主に女性の生活への一貫性と集中力、自身の修復を目的としています。要するにどちらの薬も、能力のある男性と幸せな生成下達を目的としているのです。

 

プロザックとバイアグラは、性道徳の観点から、幾分議論の的となることが多い。各製品の最近の宣伝では、それがいた魂ほどよくわかる。プロザックの製造元のイーライリリーは40代の筋骨隆々の女子が走り抜けるものを描いている。

 

販売店ではふさぎこんでいる顔をしていた女性が笑顔になる様子を描いている。

 

ファイザーの青いバイアグラは一見したところ、男性の性的能力に有名著名人たちの力を凝縮したかのような力を持っている。バイアグラの宣伝は尊敬されているアスリートや政治家などのパーティーを描き出しています。バイアグラは、主として白人の中流階級、異性愛者の男性にとってのサポートを象徴的に提供している。少なくとも、男性の特権や権力を象徴的に強化していると社会的批判を受ける。

 

プロザックとバイアグラは医療と内科的疾患の典型です。それぞれが不安を刺激し、理想の男性と女性、具体的には性的能力と満足感を回復する手段を提供します。

 

両製品は服用者の現状を回復し、服用していないものの不安を強めます。女性は感情に関心を持つし、男性はセックスに関心を持つものなのです。